コンテンツ

キッチンリフォーム

キッチンについての紹介

キッチンについての紹介

キッチンの耐用年数は一般的に10~20年程と言われています。
これはキッチン本体の年数ではなく、水栓やガスコンロ、レンジフードなどの老朽化が進み故障してしまうケースが大半です。
また、頻繁に使用する場所ですから、故障だけではなく、掃除のしやすさや使いやすさも重要になってきます。キッチンの高さが合っていないと身体への負担もかかります。
お料理の時間を楽しむためにも自分の高さに合っていて、掃除も楽にでき収納や調理スペースが広いキッチンを選ぶ事はとても大切な事です。あやせホームではキッチンへのご不満やご要望をしっかりお伺いし、お客様の理想のキッチンをご提供させて頂きます。

よくあるお悩み&解決方法

調理スペース、シンクが狭い

調理スペース、シンクが狭い

キッチンのリフォームと言っても現在ではライフスタイルに合わせた色々なレイアウトが存在します。リビング側にスペースがあり調理スペースを広く使いたい時はⅡ型キッチンがおすすめです。セパレート型キッチンとも呼ばれていますが、シンク台とコンロ台が別になっており身体の向きを変えるだけで移動ができるので作業動線も短くなり2つのキャビネットがあるので複数人やお子様とも一緒にお料理を楽しめます。

収納スペースが足りない

収納スペースが足りない

従来のキッチンではシンク下の収納スペースは開き戸になっていることが多いと思います。
奥行きがあるのでたくさんの物が収納できそうですが、奥に入れたものを取り出すのは一苦労。
いつの間にかデッドスペースができてしまいがちです。そんな時は引き出し式のシステムキッチンがおすすめです。引き出し収納のメリットは奥のものも取り出しやすく、開き戸のようにかがまずに上から全て見渡せます。また、システムキッチンではなくても収納キャビネットを設置すれば収納スペースを広げることも可能です。

換気扇のお手入れに時間がかかるし手間

換気扇のお手入れに時間がかかるし手間

換気扇にべっとりついた油汚れは落とすのが大変です。そんな時はフードと呼ばれるステンレス製の覆いを組み合わせたレンジフードがおすすめです。フィルターがファンの手前に設置されているので、ファンの部分には汚れがあまり付着せず、基本的なお手入れはフィルターのみとなります。また、コンロに対してかぶさっているので換気扇よりも煙やニオイ、蒸気が効率よく排出でき、証明が内部についているので手元が明るくお料理もしやすくなります。

コンロの汚れがとれない

コンロの汚れがとれない

現在ではガスコンロの他にIHクッキングヒーターなどがよく使われているかと思います。IHの場合はガスバーナーなどの突起物もないため、サッと拭くだけで綺麗になります。しかしガスコンロを使った方が火力や細やかな微調整ができるのでガスコンロのままでお手入れを簡単にしたいと思われる方も多いのではないでしょうか。その場合はビルトインコンロのガラストップをおすすめします。強化ガラス系の天板となり、耐久性・耐熱性にも優れ、表面に凸凹がないため、拭き掃除だけで汚れを取ることができ、デザイン性にもすぐれているのでお好みの色や柄をお選び頂くことも可能です。

ライフスタイルに合わせたタイプ別紹介

オープンタイプ

オープンタイプ

キッチンとダイニングに仕切りがないタイプです。広々とした空間があるため開放感があり、ご家族やご友人との会話が楽しめます。

セミオープンタイプ

セミオープンタイプ

キッチンとダイニングの間にカウンターなどがあるタイプです。適度に空間が開いているので洗い場や調理台の手元を隠しつつ、部屋を見通せるようになっています。

オープン対面タイプ

オープン対面タイプ

吊戸棚をつけずにシンク上をオープンにしたタイプです。オープンカウンターなどにすれば料理をしながら会話が楽しめます。

クローズドタイプ

クローズドタイプ

調理を重視したタイプとなります。匂いや煙は他の部屋にいく心配もありません。調理に専念できる独立型キッチンです。

リフォームならあやせホームにお任せください!

電話番号: 0120-633-810

お電話受付時間:8:30~20:30 【正直屋 宝塚店】TEL:0120-843-910

  • お問い合わせ
  • LINE
ページ上部へ