コンテンツ

トイレリフォーム

トイレについての紹介

トイレについての紹介

長年の使用で汚れが落ちにくくなった、水道代を節約したいなど、トイレリフォームを検討するきっかけは様々です。特に多い理由は不便や不具合を感じたときではないでしょうか。
頻繁に使用する場所ですので、「まだ使えるから」と故障するまで待っていると検討する時間を十分にかけることができる慌ててリフォームをし、後悔してしまう事もあるかもしれません。トイレのリフォームは小さな不具合を見逃さず、タイミングを見極めることが大切です。
現在では便器のグレードやデザイン、収納スペースなど様々なタイプのものがありますので、少しでも気になる点がございましたら、あやせホームまでお気軽にご相談ください。

よくあるお悩み&解決方法

楽に掃除がしたい

楽に掃除がしたい

綺麗で清潔なトイレをいつもキープしておきたいですが、毎日時間をかけて掃除するのは大変です。そんな時は便器の表面素材が汚れの落ちやすい陶器のものやぬめりや黒ずみの原因となる水垢が付きにくい有機ガラス系素材のトイレをお選びください。他にもフチの形状や、洗浄水流など最近では様々な工夫がされたトイレが揃っています。タンクレストイレも凸凹のないデザインになっているので、掃除のしやすさはもちろん、スッキリとしたデザインの為、トイレスペーズを広く使うことも出来ます。

収納スペースが狭い

収納スペースが狭い

「トイレ内はできるだけスッキリした見た目を保ちたい」「物はあまり置きたくないけど収納する場所がない」等のご不満をよくお伺いします。トイレリフォームでは収納コーナーを充実させることも可能です。特にキャビネット付きトイレは人気があり、トイレ奥や側面にキャビネットや収納棚を配置することで、掃除道具やトイレットペーパーなどいろいろなものを収納する事ができ、必要なときにサッと取り出すことが出来ます。

便座の冷たさをなんとかしたい

便座の冷たさをなんとかしたい

暑い季節ならまだしも、冬場で使用するトイレの便座が冷たいとびっくりしてしまいます。また急激な温度差でヒートショックを引き起こす可能性もあり大変危険です。そんなお悩みには暖房機能のついたトイレをおすすめ致します。便座が温かくなるだけで快適に過ごす事ができ、また、人が座っていない時には自動で便座の温度が下がる省エネ機能や洗浄機能、脱臭機能を兼ね備えたトイレもありますので、ぜひご検討してみてください。

節水・節電を考えている

節水・節電を考えている

何気なく毎日使用しているトイレですが、1回の使用で大量の水を使用しているため、特にご家族で使用している場合は支払い金額が高くなりがちです。少しでも費用を抑えたいとお考えの場合は、節水トイレをご検討頂く事をおすすめ致します。節水トイレは節約だけではなく、少ない水でしっかりとした水流を作るため、便器の形や素材が工夫されており、シンプルな形やツルッとした素材で、汚れもつきにくく、お掃除が簡単になるのもメリットのひとつです。

ライフスタイルに合わせたタイプ別紹介

タンクレストイレ

タンクレストイレ

タンクのないトイレですので、水を溜めるのではなく直接水道に繋ぎます。
そのため、連続で水を流すことが可能です。凸凹のない形状になっているため、ウォシュレットと便器の間に隙間がなく掃除がしやすく、タンク式に比べるとデザインがスッキリしトイレを広く使うことができます。

タンク式トイレ

従来式のトイレです。タンク内に水を溜めて使用します。
タンクに水を溜めて使用するため、停電や断水時もタンクへ残り湯や水を入れれば使用できます。手洗いが一体化になっているのでスペースを取らず、高層マンションや高台などの水圧が低い場所でも設置が可能です。

タンク式トイレの3種類をご紹介いたします。

組み合わせ

組み合わせ

一般的な組み合わせのトイレです。タンクレスに比べると費用を抑えることができ、タンク・便座・便器が別々になっているので、破損した部分のみ交換する事ができます。

一体型

一体型

一体型の名前の通り、タンク・便座・便器が一体となったトイレです。組み合わせ式と比べると継ぎ目がないため掃除がしやすくなっていますが、一体型なので部分的な交換ができません。

キャビネット付き

キャビネット付き

収納一体型のトイレです。タンクの部分が収納キャビネットになっており、見た目はタンクレストイレに見えます。お掃除道具やトイレットペーパーなどを収納できるのでトイレをスッキリ見せることができます。

リフォームならあやせホームにお任せください!

電話番号: 0120-633-810

お電話受付時間:8:30~20:30 【正直屋 宝塚店】TEL:0120-843-910

  • お問い合わせ
  • LINE
ページ上部へ