キッチンリフォームとは?料理をより効率よく楽しめるキッチンリフォームのコツや注意点を解説!

リフォームとは和製英語で、住宅などの居住空間における改築・改装などを意味します。英語ではどちらかというと、日本でいうリノベーションの意味合いが強いです。

リフォームは生活空間をより快適に過ごせるように行うことが多く、とくに衣食住のうちの「食」をつかさどるキッチンのリフォームは、生活を劇的に変えてくれる可能性を秘めているのです。

そこで今回は、キッチンリフォームを成功させるコツや注意点にスポットをあてて詳しく解説します。

初めてのキッチンリフォーム、まずはイメージを固めよう!

初めてのキッチンリフォーム、まずはイメージを固めよう!

よくするためとはいっても、やはりリフォームを行うというのはこれまでと生活スタイルが大きく変わるので、気軽に決断ができないものでもあります。しかし人間はいずれ慣れる生きものです。キッチンリフォームをしたいと少しでも思ったら、GOサインを出さずともまずは検討してみることをおすすめします。

リフォームしたいと思ったからには、まずは現状になんらかの不満点やもやもやとしたものがあることでしょう。単純にデザインが古臭いといった点でも、問題はありません。まずは不満点を洗い出すところからはじめましょう。

たとえば今のキッチンは使いにくい・薄暗くてみえづらい、冷蔵庫が遠い・家族とコミュニケーションがとれないなど、軽いものでもさまざまなものが出てくるかもしれません。そこから具体的にイメージを固めていきましょう。自分や家族にとって理想的なキッチンとは、どういうものかを詰めていきます。

工事の前に方針を決めよう!リフォームのうえで考えなければならないこと

キッチンリフォームは、生活における重要空間である「キッチン」を改装・改築することです。満足のいく仕上がりを求めるならば、さまざまなことを検討しながら、計画的に進めていく必要があります。キッチンリフォームのうえで考えなければならないことには、以下のようなものがあります。

工事の前に方針を決めよう!リフォームのうえで考えなければならないこと

  • 大体の予算
  • キッチンレイアウト・動線
  • 湿気や換気がうまくできるか
  • 新しい導入設備(食洗機・IHコンロなど)
  • デザインと素材

イメージを膨らませていく段階で、予算についても「これくらいまで」と決めることが大切です。リフォームは大掛かりになってしまうこともあって、あれこれとプラスして予算オーバーになってしまっては、元も子もありません。大体でもいいので、予算の基準は家族と話しあって明確にしておきましょう。

キッチンレイアウトは、Ⅰ型キッチン・Ⅱ型キッチン・L型キッチンなどがあります。それぞれに調理台やシンク、洗面台などの位置が異なります。キッチンの間取りに合いつつ、より快適に使えるようなレイアウトを、理想的なイメージと照らしあわせながら検討していくとよいでしょう。

また湿気・換気は、キッチンの要です。キッチンは匂いがこもりやすく煙も出て、湿気も発生しやすい場所でもあります。衛生面や生活臭の意味でも、湿気・換気については対策をしっかり考える必要があります。換気扇の位置を変更するかしないかも考え、もし変更する場合はダクトや換気扇を新しい場所に設置できるかなどを、随時検討していきましょう。

以上の3つがキッチンリフォームで重視すべき、根本的な要素です。ここが決まってから、IHコンロや食洗機など新しい設備を導入するかどうかや、好みのデザインや素材を決めていくと効率よく方針が決められることでしょう。

快適なキッチンリフォームを成功させるポイント

ここからは、より快適なキッチンリフォームを成功させるポイントを、詳しく解説します。せっかくリフォームするのであれば、前のキッチンよりも使い勝手がよいのが一番です。

まず収納スペースがより大きく使えるキッチンにすると、非常に快適になります。料理をするうえではフライパンや鍋や包丁といった、さまざまな器具を複数用意するのが普通です。

さらに家族がいれば、食器もその分だけ多くなります。より多くのものを整然と収納できると、普段から使いやすいキッチンになるでしょう。できればシステムキッチン化して、収納と調理スペースを一体化するとより動線が効率的になります。

そして料理は、一定時間立って行うものです。そのため長時間立っていても、疲れないようにキッチンを作ることも大切です。ちょっとしたスペースでもよいので、壁にもたれかかったり、腰かけたりできるスペースを設けましょう。また、クッションフロアで足の負担を減らすなど少しの工夫をすることで、長期間使うキッチンの快適性に大きく影響してきます。

キッチンリフォームの注意点って?

キッチンリフォームするうえでは、注意点もいくつかあります。場合によっては致命的になってしまうこともあるので、できれば工事を決めてしまう前にしっかりとチェックしておきましょう。

まずは水回りの設備や配管を取り換える場合に、不都合がないかを確認することが大切です。一戸建てであれば大規模な工事も行えるため、大抵のリフォームには対応できます。

しかし、マンション暮らしの場合では、複数の住人が同じ建物に暮らしているので、水回りの設備に関しては制限がある場合が多いのです。とくに壁つけのキッチンからいわゆるアイランドキッチンにリフォームするとなると、丸ごと配管を取り換えるような工事が必要です。

こうしたリフォームを勝手に行うと、後々トラブルに発展する可能性も否定できません。事前に大家さんや管理組合に対して相談する、工事の際はお隣さんや上下階の住人に挨拶回りをするなど、きめ細やかな配慮が大切です。

そして、キッチン回りは電力消費も大きいので、リフォームでさまざまな新しい設備や照明などを導入すると、電力消費量が多すぎてブレーカーが落ちてしまう可能性もあります。消費電力については導入設備を検討する段階で確認をしておかないと、うまくキッチンが機能しないリフォームになってしまうかもしれません。

また、とくにレイアウト変更をともなうリフォームでは、想定していたよりもスペースが狭くなり、使い勝手が悪くなってしまうなどの失敗例も意外と多いものです。設計段階でどの程度のスペースが確保できるかを細部にわたって確認しておくと、想定と実際のキッチンにギャップが出なくて済むでしょう。

まとめ

今回は、キッチンリフォームについてまず考えるべきことや検討すべきこと、成功させるポイント・注意点を一通り解説してきました。

リフォームは、これまでと違った生活スタイルに変えていくため、せっかくならばよりよいものにするべきです。予算の範囲内でどのようなリフォームが可能なのか、工事を行う前にしっかりと考えて、理想に近づけていきましょう。

西宮市の「あやせホーム株式会社」では、設計から工事・アフターサポートまで、新築・リフォームに関する全般を手掛けています。しっかりとした建設業としての施工技術ももちあわせつつ、お客様がより気持ちよく弊社を使っていただけるよう、接客技術も大切にしています。リフォームをご検討の際は、ぜひとも一度お気軽にご相談ください。

リフォームならあやせホームにお任せください!

電話番号: 0120-633-810

お電話受付時間:8:30~20:30 【正直屋 宝塚店】TEL:0120-843-910

  • お問い合わせ
  • LINE
ページ上部へ