洗面リフォームの流れや注意点とは?詳しく解説

洗面リフォームの流れや洗面台の種類などについてご紹介します。

ご自宅のリフォームをする際、洗面を対象とすることがあるでしょう。洗面台は基本的に毎日使用する場所ですので、リフォームすることによって変化を感じやすい部分です。はじめてのリフォームであれば、どのような流れになるのかなど不明点も多いかもしれません。

そこで今回は、洗面リフォームの流れや洗面台の種類などについてご紹介します。

洗面リフォームとは

洗面リフォームとは、主に洗面台(洗面化粧台)を含む周辺設備のリフォームのことを指します。主に洗顔や歯磨き、うがい手洗いなどを行うような場所です。普段の生活の中でも使用頻度の高い設備ですので、リフォームによる機能性向上などの効果は高いといえるのではないでしょうか。

対象となる設備は以下のとおりです。

洗面化粧台

蛇口や鏡、ボウルや収納棚などがオールインワンとなった設備のことです。パーツによっては個別で選択することも可能ですが、基本的にはセットで組み込むことになるでしょう。いくつかの種類がありますので、機能面やデザイン面などを考慮して決定します。

壁紙や床

普段そこまで気にすることはないかもしれませんが、洗面台周辺の壁紙や床についても確実に劣化していることでしょう。水回りですので、劣化しやすい環境でもあります。洗面リフォームの際には同時にリフォームすることで雰囲気も変わり、耐久性などもリセットされるのでメリットが多いです。

洗濯機パンや洗濯機用水栓

洗面台の周辺に洗濯機を置く場所となる、洗濯機パンや専用の水栓が設置されているケースが一般的でしょう。洗濯機自体も非常に使用頻度の高いものですので、同時にリフォームによって新しくすることはたいへん効果的です。

洗面台の種類

洗面台は、大きくふたつのタイプにわかれます。基本的な構成としては、水栓・洗面ボウル・鏡・収納・照明・コンセントとなり、デザインなどに関しては各メーカーによってさまざまなものが用意されています。

洗面器一体型

収納がいくつかついているキャビネットをベースとして、洗面ボウルが組み込まれているタイプです。

収納がいくつかついているキャビネットをベースとして、洗面ボウルが組み込まれているタイプです。そのほかの鏡などの基本構成となるパーツはすべて取りつけられていますので、オールインワンモデルともいえるのです。

また60cm~120cmなど、設置スペースにあわせていくつかのサイズ展開もされています。コンパクトで手頃な価格であることが、最大の特徴ではないでしょうか。

カウンター型

カウンターに対して洗面ボウルが取りつけられているタイプ、あるいはカウンターと洗面ボウルがセットになっているタイプです。特徴としては見た目がスッキリとしており、スタイリッシュであることが挙げられます。

また基本構成がカウンターと洗面ボウルや水栓だけとなり、収納や照明などに関しては必要であれば追加できるため、カスタマイズ性の高さに優れているのです。

近年では状況にあわせた洗面台も出始めています。たとえば2階などに設置する際に役立つサブ洗面台として活用できる、コンパクトな手洗い用のものなどです。そのほか車椅子に座った状態でもストレスなく使いやすい、ユニバーサルデザインタイプなどもあります。

リフォームの流れ

洗面リフォームの流れは、洗面化粧台のみの入れ替えと空間まるごとのリフォームかによって、かかる日数などに違いがあるのです。ここでは日数のかかる、空間まるごと入れ替えの流れについてご紹介しましょう。

養生、撤去

まずはリフォーム対象以外の部分にキズなどの影響が出てしまわないように、しっかりと養生をします。玄関からの通り道も、すべてが対象です。養生が済んだら、既存の洗面化粧台の撤去を行います。そのままではサイズ的に運び出せない場合もあるので、必要に応じてその場で解体も行うことになるでしょう。

給排水工事

撤去が完了したら、給排水設備の工事です。給排水は洗面台において最も重要な設備ですので、劣化具合などを確認しつつ、必要であれば入れ替えなどの工事を行います。またコンセントの移設を行うケースもあるでしょう。

大工・内装工事

いよいよ大詰めとなる作業です。これまで使用していた洗面台と新たに設置する洗面台とでは、サイズなどが異なるかもしれません。その場合に壁や床などの、補修工事を行います。補修の後、壁紙や床の内装部分を仕上げます。

搬入、設置

最後に新しい洗面化粧台を搬入し、所定の位置へ設置します。事前に工事した給排水の部分や、電源に問題がないかの最終チェックを行います。問題がなければ引き渡しと同時に、取り扱いについての説明をして終了です。

リフォームの際の注意点

洗面リフォームの際の注意点として、使い勝手をしっかりと意識することが挙げられます。洗面化粧台には数多くのおしゃれなデザインがありますので、ついついデザイン重視で決めてしまいがちです。しかし最も大切なのは、長く使い続けていく中でストレスを感じないかという点でしょう。

歯ブラシや洗顔フォームなどの置き場所がいまいちである、照明の明るさがきついなどといったことも考えられます。照明程度であれば電球の交換で改善は可能ですが、どうにもならない部分に不満を感じてしまうことがあるかもしれません。 

せっかくのリフォームにもかかわらず、デザイン重視で決めたことで、かえって既存の洗面台よりも使いにくくなってしまうことになりかねません。デザインと機能性のどちらも考えたうえで、慎重に決めるようにしましょう。

まとめ

身支度などや手洗いなどで毎日使用する洗面化粧台は、リフォームによって収納力を向上させ、おしゃれな雰囲気にすることは非常にプラスとなることでしょう。

「あやせホーム株式会社」では、メーカーから直接仕入れを行っているため、コストを抑えたリフォームを実現可能です。洗面リフォームを検討中でしたら、ぜひともお気軽にご相談ください。

 

リフォームならあやせホームにお任せください!

電話番号: 0120-633-810

お電話受付時間:8:30~20:30 【正直屋 宝塚店】TEL:0120-843-910

  • お問い合わせ
  • LINE
ページ上部へ